職場での人間関係。あなたならどうする?

職場での人間関係。あなたならどうする?

こんにちはコルクさんです(^ ^)

今回は「職場での人間関係について」です。

が、今回はあなた自身にストーリーの主役になってもらいます。

これから読んでいただくストーリーの中に、プライベートの話題を延々と愚痴り続ける同僚がいます。

今回はこの人の扱いについて、あなたがその立場に立ったつもりでどうするかを考えてみましょう。

Aがあなた(主人公)でBが愚痴を言う同僚です。

それでは自分がAの立場ならどうするか?を念頭に置いてシミュレーションしてみましょう。

ストーリー:私生活の愚痴が多い同僚

Aはある仕事で、Bという男性と組んでいます。

AとBは同世代ですが、経歴は違います。Aは大学で学位を取得後、パートナーと暮らしています。

Bは高校時代のパートナーと婚約中で、2人の間には子どもがいて、最近家を購入したばかりです。

問題は、Bがパートナーを嫌っているということです。Bの話は常にパートナーの悪口です。

「パートナーは何もできないから、何でも僕がやっている。洗濯も料理も掃除もまともにできずに散らかし放題。育児もしっかりとできないから、子どもは親の言うことを聞かない。裏口が開けっ放しの時は『ペットが逃げても知らないぞ!』と怒鳴ってやったんだ。」

AがBと仕事をするようになり約半年経ちますが、Bの口からパートナーの名前を聞いたことは一度たりともありません。

Aは偉そうなことをBに言うつもりはありません。未就児がいると大変なことはわかっています。Bもこんな生活になるとは思っていなかったはずです。

でも、Aは不仲の両親の元で育っているので、Bの子どもが可哀想に思っています

Aの両親は互いに憎みあっていました。結婚生活を続けなければという思い込みから一緒に暮らしていました。

Bも状況は大体同じです。Bから聞く話の多くは、Bから見れば腹が立って当然かもしれませんが、AにはBが酷いことを言っているように思えます

Aは、「自分も料理する時は散らかしてしまうよ。」とか、「話を聞かないのは、小さい子どもならそうだと思うよ。」などと言って、Bの話に反論をしていました。

でも、Bは、毎回、パートナーがいかに無能か?ということに話を戻します

「ずいぶん酷いね。パートナーとの結婚をやめようと思ったことは無い?」とは言えませんが、Bの話を聞くのはもううんざりです。

Bはまともなことを言っているつもりでしょうが、Aの神経に障ります。

 

一体Aはどうしたらいいのでしょうか?

さぁ、あなたがAの立場ならどうするか考えてみてください。

考え終えたら、下にある解決法を一緒に見ていきましょう。

解決法の一例

ここからは解決に向けての例を3つほど紹介します。

あなたが考えた事と一致しましたか?それとも違いましたか?

では、見ていきましょう!

1. 線を引く

できるだけ早くBとの間に境界線を引きましょう。

BはAを感情のはけ口にしています。それは無神経で自己中心的な行動です。Aに不快感とストレスを与えています。

Bがカウンセリングを必要としているなら、カウンセリングを受けるべきであって、私生活の愚痴を同僚に聞いてもらおうとするのはズレています。

もう1つ、BはAに対して個人的な関心をまったく持っていない可能性が高いです。

Bが「パートナーと違って、Aは僕のことをわかってくれる。」と言ってくれると期待することはやめましょう。

2. 話題を変える

Bと対立する必要はありません。Bが名前を明かさないパートナーの話をする度に、話題を変えましょう

先にいろいろな話題を考えておくと良いです。仕事の話がベストですが、最近夢中になっている話でも良いでしょう。

かなり唐突な感じがしても動じずに気にせず話題を変えください

もしくは、今片づけないとダメな仕事があると言い、話しを打ち切りましょう。Bの生活の愚痴には興味を示さないようにすることが大事です。

しかし、Bは察しが悪いタイプの可能性も…。

その場合、「君のパートナーの話以外のことを話してもいい?その話を聞いていると気が重くなるんだ」と言いましょう。

察しが悪い人にはストレートに言った方が効果的です。

鈍感で神経が太いので多少キツく言っても傷つきません。このタイプはケロッとしていますよ。

「君の話を聞いていると、両親がいつも不仲だったことを思い出してしまう」などと付け加えてもいいですが、この場合は注意してください。

余計な方に話が複雑化する危険があります

同僚とは友達になるべきだと、あまり思いすぎなくていいと思います。

3. 冷淡になる/割り切る

「冷淡な振る舞いを勧めるな!」「少し失礼では?」と思うかもしれませんが…。

同僚というだけで、約半年しか知らない人のプライベートのいざこざに関わる必要はありませんし、その事に心を痛める必要もないのです

AがBの聞き役になりBの問題を心配するというパターンから、徐々に抜け出しましょう。最後にはきっぱりと抜け出すイメージでいきましょう。

 

あくまで、解決法の一例ですので、これが絶対に正しいと言うものではありません。

今回のストーリーと似たような状況にある方は、参考程度にしてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
▼クリックしてこのサイトの順位を確認してみてください。

▼にほんブログ村で確認する
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
▼人気ブログランキングで確認する

パニック障害ランキング

記事を読んだらいいねしよう

コメントする

*
*
* (公開されません)

▶︎コルクさんのケアフリーサロン

▶︎コルクさんのブログ

新着コラムをメールでお知らせ

メールアドレスを入力して登録すれば、更新をメールで受信できます。(メルマガではありません)