この世の不思議とは 続編

コルク「あーあ、ブッくんベッタベタになっちゃって…、はい、タオル貸してあげるから」

ブッくん「ぐう…、幾ら何でも…、かける事ないだろっ!いくら僕でも怒る時は怒るんだぞ💢」

 

リナ「何だ?逆ギレか?お前が悪りーんだろ💢わざと話の邪魔ばっかしやがって!」

ナム「しやがって♪」

 

ブッくん「ううっ…ネトネトするじゃないか💢」

コルク「カシスオレンジかかっちゃったからねぇ、多少のネトネトは免れないと思うよ…、帰ってシャワーでも浴びたら?」

 

 

ブッくん「ぐうう…。あれ?マスター…?お代わり、まだ?」

 

 

コルク「おおおおおーっ!開き直った⁈…というか…無かった事にしてしまった…?」

ブッくん「マスター!トイレ」

コルク「どうぞ…」

 

リナ「あいつ、完全に開き直りやがった…、って言うか…『何かありました?』って感じを作ったのか…⁈」

ナム「作りましたね♪」

コルク「まして、今のを…まるで無かった事のようにするなんて…、そう簡単にできる事じゃないよ…、すげぇ荒技…(汗)」

ナム「荒技です♪」

 

リナ「でも…マスターごめんね、店汚しちゃって…、今のカシオレの料金もちゃんと取ってね」

コルク「ああ、わかりました。またカシオレ飲みます?別のものにする?」

リナ「そうねぇ、いつも決まったモノばっかり飲んでるから、違うモノ飲んでみようかな!何がいいかな?」

コルク「そうですねぇ、リナさん結構飲めるから…、たまにはシェイカータイプにしますか?」

リナ「あのシャカシャカするやつ?それにする!でも何頼んでいいか分かんないからマスターに任せる!」

コルク「そうですねぇ…、では!」

 

……

 

コルク「はい、どうぞ。女性に人気のある『ホワイトレディ』です」

リナ「んっ!これはこれで美味しい!」

コルク「それは良かった、これからオーダーの範囲が広がりますね!」

ナム「私も広げます、シャカシャカしてください♪」

コルク「そうだねぇ、ナムちゃんは…ちょっと甘いのが良さそうだから…」

 

…..

 

コルク「はい、どうぞ。『XYZ』です」

ナム「あっ、飲みやすいです♪」

コルク「それは良かったです。『ホワイトレディ』と『XYZ』はほとんど一緒なんです、ジンかラムかってだけの違いなんですよ(笑)」

 

リナ「へえ〜、ちょっとした違いなんだ…、あっ!そうだ、マスター!不思議的な話に戻ろうよ!」

ナム「戻りましょう♪」

 

コルク「そうでしたね!…何喋ろうとしてたのか…忘れちゃいましたよ…(汗)」

リナ「さっきはUFOで未確認飛行物体の話してて…」

コルク「あっ、そうでした。では未確認つながりで、未確認生物的な話にしましょう」

ナム「しましょう♪」

リナ「未確認生物ね!」

 

コルク「例えば…、おとぎ話っぽいところで言うと『天狗』とか『鬼』って出てきますよね?実は共通点らしき所がいくつかあり『正体』はこれではないか⁈って言われているものがあるんです」

リナ「共通点…?正体?それ知りたい!」

コルク「あくまで『説』の1つなんですが、漂流して日本にたどり着いた『白人』ではないか!と言う説なんです」

リナ「白人…って外国人だよね…?どう言う事?」

 

コルク「大昔の日本人は外国人という人を見慣れていません、更に大昔なら外国という国があることも知ら無かった時代かもしれません」

リナ「それでそれで?」

コルク「船に乗って漂流した白人さんが日本に流れ着いてしまった…。もちろんどこの国かも分からず歩いていると、白人を見慣れない当時の日本人は、その姿にびっくりしたわけです。それで、騒ぎになるモノだから、その白人はとにかく人のいない山奥に隠れた…。それが『天狗』とか『鬼』の由来になった、という説です」

リナ「白人が漂流して流れ着いた…。というのは可能性的には充分ある…、としても…、なんで天狗や鬼になっちゃうの?」

コルク「特徴を整理してみてください。まずは『赤い』と言う事。漂流してたんだから、相当の日焼けをした…と考えられるわけです。これが黒人さんなら赤くはならない、白人さんが日焼けをすると赤くなる」

リナ「うん、それから?」

コルク「では、よく描かれる『鬼』を想像してみてください。赤くて体が大きい、黄色っぽい髪の毛をしている。『天狗』は赤くて、鼻が高い」

リナ「あっ…!」

コルク「この特徴からしても、外国人を見慣れない時代の日本人が、日焼けをした白人さんを大げさに描いた…、と思うと、しっくりきません?」

リナ「そうだ!確かにしっくり来る!確かに…、姿を見られただけで騒がれるもんだから、山に隠れたんだ!」

ナム「隠れたんですね♪」

 

コルク「あの山には『鬼が出る』『天狗の森』なんて言われてても、案外、気のいい人だったかもしれませんね(笑)」

リナ「ガムくれたりして(笑)」

 

ブッくん「鬼は青色もいるよ、ツノはどう説明するのかなぁ…」

 

リナ「ったくこいつは💢、面白くなってきたのにぃ!」

コルク「ブッくんは夢がないなぁ、これは理論で答えを出そう!なんて話じゃないんだよ。こうやって見ると面白い、という『説』を話してるに過ぎないんだよ」

 

ブッくん「わかってる」

 

コルク「分かってんのかよ💢」

リナ「いちいち話に入ってくんじゃねーよ!ブクオ💢、もっとネトネトにするぞ!」

ナム「ああ、先輩もうかけちゃダメですよー、また違うの飲みましょ♪」

 

コルク「話してる間に、2人とも飲み終わっちゃったね。カクテルグラスだから量的には多くないからね。じゃあ、また新しいのに挑戦する?」

リナ「するっ!次は何がいい?」

ナム「私は甘いので♪」

コルク「そうだねぇ…」

 

ブッくん「僕も、たまには気分を変えてみようかなぁ」

 

リナ「また入ってきたな!どーせビールだろ!『マスター!お代わり、グゥ』って毎回同じじゃねーか」

ナム「同じです♪」

 

「は〜あ」っと天を仰ぐブッくん…。

 

リナ「💢!じゃあ何飲むんだよ!言ってみろよ!どーせビール以外知らねークセにっ!」

 

ブッくん「ふ〜ん、マスター!スコッチちょうだい、スコッチ!久しぶりに飲みたい気分なんだ」

 

リナ「コ、コイツ💢格好つけやがって…」

コルク「リナさん、待ったぁ!」

リナ「…??」

 

コルク「ブッくん…?何にしますか?」

ブッくん「えっ?だから…、スコッチを…」

 

コルク「ですから、何にしますか?」

ブッくん「…す、スコッチを…」

コルク「え”っ?声が小さくなりましたけどぉ(笑)」

ブッくん「ぐう…」

 

リナ「何?マスター、どう言う事なの?そのマスターのちょっと意地悪っぽい顔が面白いけど(笑)」

 

コルク「では…。『シーバスリーガル』『オールドパー』『バランタイン』今、この店にあるスコッチはこの3種類になりまーす」

リナ「あー、ブッくん知らなかったんだぁ(笑)スコッチって1つだと思ってたんだぁ(笑)」

ブッくん「グウゥゥ…(汗)」

 

リナ「だっさぁー!『ふーん、スコッチ!』だって(笑)」

コルク「久しぶりに飲みたい気分(笑)」

リナ「さては飲んだ事ねーな⁈ 正直に言ってみろブクオ!『ブク、ちょっとカッコつけました、グゥ』って、今ならまだ許してやるぞ(笑)」

ナム「許してやるぞ♪」

 

ブッくん「ぐぅぅ…(汗)あるもん!あるもん!飲んだ事あるもんっ💢、マスター!これ、オ…オールド(?)…パーにする!」

 

コルク「了解です。で?」

ブッくん「???」

コルク「飲み方は?」

ブッくん「飲み方…?…コップで…」

コルク「そう言う事じゃないんだよ(汗)、コップじゃなかったら何で飲むんだよ⁈ バケツ?(笑)」

 

リナ「何?マスター!どう言う事?」

コルク「大体の場合は『シングルかダブル』これはお酒の量です。次に、氷を入れた『ロック』もしくは水で割る『水割り』とか…、こんな感じでオーダーするのが一般的ですね」

 

リナ「あ〜あ、ブッくん格好つけちゃった♡、分からない時は素直に聞けばいいのにねぇ(笑)」

コルク「その通りです。実は私もお酒に関してはそんなに詳しくないんですよ、知らない事たくさんあります。よく知ってるお客さんが来た時は逆に聞きますし、私が客として飲みに行った時は、そこのバーテンダーさんに必ず聞きますよ。人間素直が一番ですね!」

ブッくん「ぐうぅぅ…(汗)」

 

リナ「あれ?ブッくん赤くなってるよ♡汗まで掻いちゃって!恥ずかしいんだ(笑)」

コルク「心なしか湯気上がってない?メガネ曇ってるし…、まるで出来立て!『今、産まれました』って雰囲気出てるよ(笑)」

ナム「出てます♪」

 

ブッくん「グウウうううううう…(汗)💢」

 

リナ「素直に認めなさい!格好つけましたって」

ナム「認めなさい♪」

コルク「いや、男としてその気持ちは…よぉーく分かるよ、ブッくん♡」

 

ブッくん「があああああああああー!(汗💢汗💢汗💢)」

突然立ち上がり、猛ダッシュで店の外へ出て行った真っ赤なブッくん!

 

リナ「え”っ!逃げた…??」

ナム「お酒も持って行っちゃいましたよ♪」

コルク「オールドパーも持って行っちゃった…(汗)」

 

リナ「これ、どうなんの…?飲み逃げ…と盗難…?」

 

 

今夜も月夜に闇は更けて行くのであった★彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています↓ここをクリックして下さい
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

営業時間・情報

076-255-3399
19:00~2:00
定休日 水曜日(フェイスブックをチェック!)